J_Freq_FIG11.e

Graph: Bands and Bandwidth owned by NTT DOCOMO

Graph: Bands and Bandwidth owned by NTT DOCOMO

[説明]
NTTドコモが保有する周波数の帯域と各バンドの帯域幅の性格の値を表に整理しました。周波数帯域毎に、正確にどの周波数からどの周波数までがNTTドコモに割り当てられている周波数かを整理しています。また、各周波数帯域は、TDDなのかFDDなのかも記載しています。

[説明詳細
■NTTドコモ5G用周波数(ミリ波、Sub6):28GHz帯(n257)、4.5GHz帯(n79)、3.7GHz帯(n77/n78)
n257(28GHz帯)は、普及には時間を要するバンドです。電波の飛びが悪く、建物内部へ電波が浸透しないためエリアがとても限られます。ホットスポット的に、トラフィックが多い大都市の大きな駅や繁華街で時間をかけてデプロイされる事が想定されます。
n79 (4.5GHz帯)は、NTTドコモだけが対応しているバンドで、世界的には5G NRとしての利用が見込まれて無いバンドです。
n77/n78 (3.7GHz帯)は、NTTドコモの5Gの主要バンドです。この周波数帯域の5G基地局の増加が見込まれます。
■NTTドコモ(4G Sub6):3.5GHz帯(バンド42)、2.5GHz帯(バンド41)
3.5GHz帯(バンド42)は、LTE-Advanced用のバンドです。CC(キャリア・アグリゲーション)技術を使って他の帯域の周波数と同時に利用されます。ボリュームの有るトラフィックをカバーするために展開された周波数帯域です。また、この3.5GHz帯域では4G周波数の5G周波数としての転用が行われています。
2.5GHz帯(バンド41)は、基地局数が大変少なく、ほとんど運用されていません。
■NTTドコモ(ローバンド): 2.0GHz帯(バンド1)、 1.7GHz帯(バンド3/バンド9) 、1.5GHz帯(バンド21)
2.0GHz帯 (バンド1)は、NTTドコモの主要バンドです。3Gでも全国広く展開されています。3Gは、2026年3月にサービスが停止する予定です。また、この700MHz帯域では4G/3G周波数の5G周波数としての転用が行われています。
1.7GHz帯(バンド3/バンド9) は、東名阪の大都市エリアのみで、割り当てられている周波数です。
1.5GHz帯(バンド21)は、エリアが限定されている周波数帯域です。
■NTTドコモ(プラチナバンド):800Hz帯(バンド26/バンド19)、700MHz帯域(バンド28)
800Hz帯(バンド26/バンド19)は、NTTドコモの主要バンドで4G LTEおよび3Gで全国広く展開されています。プラチナバンドと言われる低周波数の帯域で、電波が広く飛び携帯電話の無線エリアを広く確保できる周波数です。しかし、高い周波数と比較して通信速度は低くなります。
700MHz帯域(バンド28)は、一部のエリアのみで4G LTEで運用されているバンドです。また、この700MHz帯域では4G/3G周波数の5G周波数としての転用が行われています。

Images for web pages:Posted in Teppei Log (https://teppeilog.com/)
Prepared by Teppei Nagumo

シェアする
Teppeiをフォローする
Teppei Log

コメント